TOP>カラーユニバーサルデザイン 

 

カラーユニバーサルデザイン


人にやさしい!ユニバーサルデザイン


Universal Design

これからは、単にデザイン上だけの配色の問題ではありません。



色覚正常者にとっては区別しやすい配色でも、色覚異常者にとっては区別しにくい配色であることがあります。 フィールでは、色覚異常者が感じる色をシミュレートすることで、そのような配色を、カラーユニバーサルデザイン化し、万人に向けた判りやすい物作りを提案いたします。

目にやさしい気配りを…

カラーユニバーサルデザイン
グリーンの色調を、若干変更するだけで、カラーユニバーサルデザイン化でき、標識・地図等を色覚異常者への情報訴求力を上げます。
人の色覚は3種類のカラーセンサーによって支えられています。このうち1~2種類のカラーセンサーが機能しない色覚異常と呼ばれる障害があります。日本人男性の約5%もの人々が第一・第二色覚異常(二色型色覚のうち赤センサー、緑センサーが欠落した色覚タイプ)であると言われているにも関らず、色覚異常に対する認知度は低く、公共標識をはじめ、看板・地図・ポスター・チラシは色覚異常者に対して十分に配慮されていないのが現状です。このような背景の中で、フィールではなるべく全ての人に情報がきちんと伝わるユニバーサルデザインでの、ご提案をさせていただきます。